strida_sx1_600




ストライダ
とは↑の画像の自転車のことです。
私は、自動車を少し前に手放しておりまだ自転車に乗れる季節なので、この自転車に乗っています。

なぜこんな形の自転車に乗っているのか不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。
ですが、この自転車は持たない暮らしをする上でかなり便利なのです。 


 
利点。

①折り畳んだ時の形状
strida_sx2_600

よく町で見かける折り畳み自転車、小さいですよね。
この自転車は折り畳んだ時に↑のような形状になるため場所をそこまでとらないのです。
玄関が狭い家でも置いておけるので、雨ざらしにしなくていいという利点もあります。
また、畳んだ状態で車輪で転がして運ぶということもできるのですが結構重いです。
11kgという重量ですが、前後に支える力で前腕が結構疲れます。
なので輪行(自転車を袋に入れて電車等で移動する事)する場合素直に担いだほうがいいかもしれません。 


②走行性能


私は元々スポーツタイプの自転車を持っていて、ストライダには期待してませんでした。
ですが乗ってみるとブレーキは身体が前に飛び出るほど効くし、速度はママチャリよりも出るしで文句がありませんでした。 



③整備しなくていい


これはチェーンがゴムでできているため、基本的に清掃が必要ないということです。
スポーツタイプの自転車だと週1回は確実にチェーンをふいて油をさして手を汚して洗って・・・
わずらわしいですよね!めんどくさいの嫌いなんですよ僕。


④折り畳みの時間

1分もあれば確実に畳めます。
慣れれば10秒かからないくらいですかね。
輪行(袋に入れて電車等で移動すること)って普通の折り畳みだとめんどくさいんですよね。
ネジ緩めてハンドル折るなり縮めてサドル縮めて・・・
折り畳みなのに折り畳まないなんて意味がないので、手間のかからないストライダが良いですね。

この4点が気に入って私はこの自転車を選びました。

見た目とかはちょっと変わってますが本当に便利で毎日使ってます。

持たない暮らしする上で手間もかからず、場所もとらず、日常使いにぴったり。

細かい仕様などは語るとキリがないのですがそこは詳しい方に任せます。

自転車は移動手段でもあるのでもっと日常生活に溶け込んでいいと思うんですよ。

みんな自転車に乗るようになれば交通事故による死亡は少なくなると思いますし。

でもそうならないのは自転車がまだ、不便な部分があるから、かなと思うのです。

電車の駅から遠い店に行きたいけどこの自転車じゃ輪行しずらい、とか。

それなら駅ごとに自転車貸出サービスやればいいし輪行しやすい自転車を作ればいいし・・・

色々やれることはあると思うんです。

この記事を見ていただいた皆さんにもなにか感じていただいたら幸いです。

ちなみにこの時期寒いので自転車乗る方は風邪ひかないようによろしくどうぞ。




おわり。